相続の戸籍謄本収集代行サービス

050-3717-2109

相続関係説明図とは?

「相続関係説明図」とは、相続人が誰か、人数や故人(被相続人)との関係をわかりやすく図に表したものです。

家系図と似ていますが、故人(被相続人)と、相続人との関係がわかる部分のみに焦点を当てている点で少し異なります。

相続関係説明図は、相続手続きにおいて必ず作成しなければならないものではありませんが、手続きの際に相続関係を簡単に説明でき、また、相続手続きで提出を求められるケースも多いので、戸籍の収集と合わせて作成しておくことをお薦めします。

相続関係説明図を作成する目的は?

相続関係説明図を作成する目的は、複雑な相続関係を、ひと目で分かるように図式化して、手続き時の説明を容易にするという目的もありますが、一番の目的は相続手続きの際に戸籍謄本一式を返還してもらうために作成します。

不動産登記や銀行口座の名義変更など、相続手続きの際には、故人(被相続人)の出生から死亡までの戸籍と相続人の戸籍一式の提出を求められますが、これらの手続きのたびに戸籍謄本の原本を提出していたのでは、戸籍を取得する手数料も大変ですし、時間もかかって非効率的です。

相続関係説明図を作成して、戸籍一式のコピーを法務局や金融機関に提出すると、戸籍一式の原本を返還してもらうことができますので、何通も同じ戸籍謄本を収集する手間とお金を省くことができるのです。

相続関係説明図作成に必要な書類

相続関係説明図を作成するには、以下の書類を揃える必要があります。

  • 故人(被相続人)の出生から死亡までの戸籍謄本
  • 故人(被相続人)の住民票の除票(または戸籍の附票)
  • 相続人全員の戸籍謄本
  • 相続人全員の住民票

相続人の方の戸籍謄本や住民票を取得するのは容易ですが、やはり故人の出生から死亡までの連続した戸籍を集めるのが一番大変かと思います。

戸籍収集でお困りのことがございましたら、ぜひお気軽にご相談下さい。

お問い合わせはこちら

事務所のご案内

さいたま市桜区栄和4-6-11
TEL:050-3717-2109
営業時間:9:00~18:00
定休日:日・祝日