相続の戸籍謄本収集代行サービス

050-3717-2109

相続に必要な戸籍謄本

人が亡くなると相続が発生しますが、相続人は一緒に暮らしていた家族だけ・・・とは限りません。

家族の知らないところで、実は認知した子供がいるようなケースも、何もテレビドラマの中だけの話ではなく、現実に起こり得ます。

もし、相続人が1人でも欠けた状態で遺産分割協議を取りまとめても、後に相続人が現われれば、分割協議はやり直しになってしまいます。そこで、故人の生まれたときから死亡するまでの連続した戸籍を集めて確認することで、相続人が誰なのかを確定させる必要があるのです。

実際に相続手続きを進めるには、金融機関などから故人の出生から死亡までの戸籍を求められますので、他に相続人が絶対に存在しないと思われる場合でも、必ず連続した戸籍を集める必要があります。

戸籍謄本の取得漏れに注意!

故人の出生から死亡までの戸籍を集める際には、途中で取り漏れがないように注意が必要です。

法令などにより戸籍の様式が改められた場合、新しい様式に改めるための戸籍の改製が行われます。戸籍法が制定された「明治5年式戸籍」に始まり、これまで「明治19年式戸籍」、「明治31年式戸籍」、「大正4年式戸籍」、「昭和23年式戸籍」、「平成6年式戸籍」と5回の改製が行われてきました。

このような戸籍の改製が行われると、改製前の戸籍に記載されていた人が、改製後の新しい戸籍に記載されないことは少なくありません。

また、本籍地を移すことを転籍と言いますが、転籍により新戸籍を編製したり、養子縁組で別の戸籍に入籍したりする場合も同様で、それ以前の戸籍に記載されていた内容が全て新しい戸籍に記載されるとは限らないのです。

例えば、改製前または転籍前に、既に婚姻などの理由で除籍された人がいた場合、改製後または転籍後の戸籍には記載されないので、改製前の戸籍(これを改製原戸籍と言います)や、転籍前の戸籍も確認しなければ、この婚姻で除籍された人の存在を発見できないのです。

このようなことから、相続人を確定するための戸籍収集においては、相続人の存在を見落とすことのないように、改製原戸籍や除籍も含め、連続した戸籍全てを漏れなく集めるように注意しなければなりません。

事務所のご案内

さいたま市桜区栄和4-6-11
TEL:050-3717-2109
営業時間:9:00~18:00
定休日:日・祝日